今日の「ちょっと昔のMLB」日記

mlb.comより管理人が勝手に翻訳!
誤訳の嵐か??さて、どんなもんでしょうか?

1999年5月23日

ボストン・レッドソックスのトム・ゴードンは、
ミネソタ・ツインズから10−8で勝利し、50連続セーブ機会成功の
彼の大リーグ記録を更新します。
6月5日にアトランタ・ブレーブスが9回に彼に負けをつけるまで
ゴードンの記録は54までのびました。

トム・ゴードン

★プチトリビア

98年に46セーブでセーブ王になったが、
99年はこの記録の後、ヒジを痛めてわずか11セーブに。
00年は全休でしたが、01年はCHCで復活。
調子を落とし、04、05年はNYYでセットアップを経て
06年からはPHIで再び、クローザーへ返り咲いた。
ちなみにSEAのディーは、息子です。

◆今日の気になった出来事

エンゼルス・大谷翔平投手(23)とヤンキース・田中将大投手(29)が
メジャーで初めて投げ合うことが決定的となった。

22日(日本時間23日)、エンゼルスのM・ソーシア監督が
大谷の次回登板が27日の敵地・ヤンキース戦を予定していると明言。
前日21日のレンジャーズ戦で5回3安打4失点だったヤンキース・田中の
次回登板も同カードと予定されており、27日のヤンキー・スタジアムで
激突することとなった。

日本では13年9月6日(Kスタ)に投げ合い、
シーズン24勝0敗だった楽天・田中が9回11奪三振7安打2失点で勝利投手。
プロ1年目だった日本ハム・大谷は5回5安打2失点で負け投手となっている。

★今日のオススメ!


ヤンキース レジー・ジャクソン 殿堂入り プレイヤー コラージュ フレーム

あのレジェンドがユニフォーム姿で復活!
MLB殿堂入りプレーヤーのコラージュフレーム。
スタジアムをバックにした往年の名選手。
下部には受賞歴など輝かしいキャリアをデザイン。
ファン垂涎のインテリアアイテムです。
オススメ度★★★★★(取り寄せ!)

______________________________

1969年5月22日

アトランタ・ブレーブスの強打者、ハンク・アーロンは、
彼の大リーグキャリアで初めて、代打と交代します。
ニューヨーク・メッツに15−3と圧倒したため
バックアップ外野手のマイク・ラムが7回にアーロンに
代わり、二塁打を放ちました。
アーロンは、代打と交代するまで9015打席に入りました。

ハンク・アーロン

★プチトリビア

「精密機械」といわれたアーロンは、首位打者2回、最多安打2回
本塁打王4回、打点王4回、得点王3回、さらにゴールドグラブ3回
通算240盗塁で63年には30−30(41本塁打、31盗塁)も達成し、
そして23年間でオールスター21回と走攻守全てに「精密機械」でした。

◆今日の気になった出来事

20日(日本時間21日)、本拠地フィリーズ戦で、カージナルス21歳右腕の
ジョーダン・ヒックス投手が、なんと時速105マイル(約169キロ)の剛速球を
2度も投げたのだ。

衝撃の場面は、5-1とカージナルスが4点をリードする9回表に訪れた。

8回途中からマウンドに上がったヒックスは、2死を奪ったところで
ヘレラと対峙。
初球に104.2マイル(約168キロ)シンカーでストライクを奪うと、
2球目は外角ボールに外れたシンカーがなんと105マイルを計測。
これはMLB公式データ解析システム「スタットキャスト」が
2008年に導入されて以来、ヤンキースの
アロルディス・チャップマンと並ぶ最速記録となった。

これだけでは終わらない。
ヒックスは3球目に104.3マイル(約168キロ)シンカーでファウルを奪うと、
5球目は再び105マイルのシンカーでファウル。
最後は暴投で振り逃げされたものの103.7マイル(約167キロ)シンカーで
空振り三振とした。

球団公式サイトによると、この5球はいずれも今季最速トップ5に入る球速だったという。

試合後、ヒックスは「昨日103マイル出ていたから、それならできそうだって、
今日はさらに速い球を投げようって狙っていたんだ」と、狙い澄ました
105マイルだったことを明かしたという。

かつては異次元だと思われた160キロ台が、それほど珍しくなくなった今。
夢の170キロ台に到達する日はそこまで迫っているのかもしれない。

★今日のオススメ!


カージナルス アンストッパブル フォース クールベース ロングTシャツ メンズ レッド

通気性が良く軽い着心地のクールベース素材を採用!
MLB霜降りロゴTシャツ。
縦長のロゴがなんとも新鮮でファッショナブルなデザイン。
秋冬物はもう暑い、半袖だとまだ寒い…
そんな季節に一枚あると大活躍しそうなロングTシャツです!
オススメ度★★★★★(マジェスティック/Majestic!)

______________________________

1930年5月21日

ニューヨーク・ヤンキースの強打者、ベーブ・ルースが
フィラデルフィア・アスレチックスとのダブルヘッダー第一試合で
3本塁打を放ち、9回の打席では右打席に入ります。
ジャック・クウィンが2ストライクからの投球を投げる時に
素早く左打席に入りなおしますが、バンビーノは三振に倒れます。

ベーブ・ルース

★プチトリビア

破天荒な性格同様にやることもど派手なのがルース。
1927年には頭めがけてきた投球を本塁打。
これがシーズン60号の新記録だったり、32年のワールドシリーズの
予告本塁打などエピソードはことかかないルースです。

◆今日の気になった出来事

エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、
アナハイムでのレイズ戦に先発。
7回2/3で110球を投げて6安打2失点、
9三振を奪い、4勝目(1敗)を挙げた。

エンゼルスは大谷の好投で5―2で勝利し、連敗を5で止めた。

メジャー移籍後最長の7回2/3、最多110球の熱投で
チームを連敗脱出へと導いた大谷は試合後、
「先制点を許したんですけど、そのあと、しっかり抑えられたのが良かった。
逆転を待って、耐えていけたのが良かった」と笑顔。

序盤は制球に苦しんだが、「決して調子がいいわけではなかったが、
その中で連敗中に勝てたのはすごく大きいこと、いいゲームだった」
と充実の表情を浮かべた。

三振を奪ってガッツポーズをするシーンも多く見られた。
「最後のほうは僕もいっぱいいっぱいだった。
一人ひとり、いつ代わってもいい気持ちで投げていた」。
最後は「こういう試合を1つでも多く取っていけるように、
また明日から頑張りたい」と前を向いた。

★今日のオススメ!


エンゼルス 59FIFTY フィッテッド キャップ/帽子 ロープロファイル 2018 メモリアルデー ブラック

2018メモリアルデー選手着用モデルキャップ!ロープロファイルモデル!
5月最終月曜のメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)は
軍事行動で亡くなった兵士に敬意を払い
MLB全チームが特別仕様のキャップ、ユニフォームを着用します!
チームのファンならぜひとも手に入れたい限定イベントアイテム!
今年はブラックの迷彩柄をあしらったクールなデザイン!
ストリートコーデのアイテムとしても、ミリタリーコーデのアイテムとしてもオススメ!
豊富なサイズ展開でジャストサイズをお選びいただけます!
オススメ度★★★★★( ニューエラ/New Era!)

______________________________

1945年5月20日

セントルイス・ブラウンズの片腕の外野手、ピート・グレイが
彼の大リーグキャリアの中で最も素晴らしい一日を楽しみます。
グレイは3回のスーパーキャッチを見せ、4安打2打点と
決勝の得点をあげるなどして、ヤンキースとのダブルヘッダーに
連勝しました。

ピート・グレイ

★プチトリビア

左腕一本のグレイでしたが、1944年のマイナーで5本塁打。
130m以上飛ばしたものもあったということです。
自慢は足と守備で、やはりマイナーで68盗塁しています。
昇格した45年は、第二次世界大戦時で選手が不足していたことも
あり、1年間だけだったが大リーグでプレーすることが出来ました。

◆今日の気になった出来事

エンゼルスの大谷翔平投手(23)はあす20日のレイズ戦
(日本時間21日午前5時7分開始予定)の登板に向けて調整のため、
5試合ぶりに欠場した。

試合は、エンゼルスの先発ヒーニーが二回に痛恨の満塁弾を被弾。
左手死球で前日の試合を欠場した3番アップトンが復帰した打線は
レイズの投手陣の前に七回まで三塁さえ踏めない貧打ぶり。
九回に主砲トラウトの14号2ランで2点差に詰め寄ったが、
あと一押しが足りなかった。チームは今季ワーストの5連敗となった。

大谷はチームが4連敗を喫した前夜の試合後に会見。
「うまくいかない時にどういう気持ちでいくのか。
個人的にはすごい大事なゲームになるのかなと思っている。
勝ちにつながる、そのチャンスを作れるように一人ずつ抑えていきたい」と話した。

大谷はここまで投手として6試合に登板し、3勝1敗、防御率3・58。
32回2/3を投げて43奪三振。
規定投球回数には達していないが、奪三振率11・8はリーグ4位に相当する。

★今日のオススメ!


エンゼルス 59FIFTY フィッテッド キャップ/帽子 ロープロファイル 2018 メモリアルデー ブラック

2018メモリアルデー選手着用モデルキャップ!ロープロファイルモデル!
5月最終月曜のメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)は
軍事行動で亡くなった兵士に敬意を払い
MLB全チームが特別仕様のキャップ、ユニフォームを着用します!
チームのファンならぜひとも手に入れたい限定イベントアイテム!
今年はブラックの迷彩柄をあしらったクールなデザイン!
ストリートコーデのアイテムとしても、ミリタリーコーデのアイテムとしてもオススメ!
豊富なサイズ展開でジャストサイズをお選びいただけます!
オススメ度★★★★★( ニューエラ/New Era!)

______________________________

1962年5月19日

セントルイス・カージナルスのスタン・ミュージアルは、
ロサンジェルス・ドジャースのロン・ペラノスキーから安打して
ホーナス・ワグナーの持つ3430安打のナショナル・リーグ記録を
破ります。
「スタン・ザ・マン(男の中の男)」1963年に3630安打で引退しますが
これは、タイ・カッブに次いで生涯2位の記録でした。

スタン・ミュージアル

★プチトリビア

独特な巻きつくような打撃フォームで安打を量産したミュージアル。
通算3630安打ですが、ホームとロードでちょうど1815安打づつという
珍記録も持っています。

◆今日の気になった出来事

ダイヤモンドバックスの平野が、文字通り「サムライ」になった。

18日(日本時間19日)からの敵地メッツ3連戦に備えた移動の際、
侍のコスプレ姿を披露。
ちょんまげのカツラも被って「あなたはすごい」と書かれた扇子を手にし、
ポーズを取った写真を自身のインスタグラムで公開した。

平野は「ダイヤモンドバックスの伝統で仮装してニューヨークへ来ました!」
とコメント。
各球団のルーキーがシーズン終盤に行う仮装とは違い、
全選手がいろいろなキャラクターに扮(ふん)した。

★今日のオススメ!


ダイヤモンドバックス 2001 ワールドシリーズ チャンピオンズ トロフィー ピンバッジ レアアイテム

アリゾナ・ダイヤモンドバックスの
2001ワールドチャンピオン記念ピンズ。
入手困難なレアアイテム。
コレクションにもおすすめ。
オススメ度★★★★★(ピーエスジー/PSG )

______________________________

1912年5月18日

デトロイト・タイガースは、フィラデルフィア・アスレチックス戦で
代替プレーヤーで試合を行います。
19人の選手が、最近のタイ・カッブの休職に抗議のストライキを
行い、タイガースはアスレチックスに24−2で敗れます。
タイガースのラインアップには、地方のセミプロ選手が入っていました。

タイ・カッブ

★プチトリビア

「球聖」「野球の神様」「ジョージア・ピーチ」など様々な呼び名がある
大リーグ史上で欠かせない一人です。
しかし、彼の葬儀には球界関係者が4人しか参列しなかったとか。。。
こうした悪評高い彼も、1936年の第一回殿堂入りにはベーブ・ルースを
しのぐ最多得票で選ばれるなど、選手としての評価は高いものでした。

◆今日の気になった出来事

ドジャースの前田健太投手(30)は17日(日本時間18日)、
敵地でのマーリンズ戦に先発登板、8回2安打無四球で
今季3勝目(3敗)を挙げた。

ここ4試合白星から遠ざかっていた前田だが、初回を3者凡退で滑り出すと、
2、3回は走者を出すものの得点は許さなかった。
さらに調子を上げた前田は4、5回を3人ずつで切って取り勝利投手の権利を得ると、
6回以降もパーフェクトに抑える快投だった。
9回はジャンセンが抑えてドジャースが快勝した。

打線も2回にターナーの3点二塁打などで4点を先制、
3回にはプイグの3号ソロ本塁打などで3点を追加して強力に援護した。

前田は8回96球を投げ2安打8奪三振無四球で4月18日(同19日)の
パドレス戦以来の白星となった。

マーリンズは17日(日本時間18日)、田沢純一投手(31)を
戦力外にしたと発表した。

田沢はこの日、ドジャース戦に登板。
1回を投げて1本塁打を含む4安打3失点、2三振1四球だった。
勝敗などは付かなかった。

今季はここまで22試合に登板し1勝1敗、防御率9・00だった。

移籍先が決まらなければ、マイナーでプレーすることになるとみられる。

メジャー通算成績はは379試合に登板して21勝26敗4セーブ、
防御率4・16。

★今日のオススメ!


ドジャース 50周年記念 ピンバッジ レアアイテム

ロサンゼルス・ドジャース50周年を記念して作られた、
国内未発売の貴重なピンズ!
MLB屈指の名門球団のメモリアルなアイテムです!
お手持ちのカバンやキャップのアクセントにオススメです(^^)
オススメ度★★★★★(レアアイテム! )

______________________________

1998年5月17日

デビッド・ウェルズは、1956年のワールドシリーズでの
ドン・ラーセンの傑作以来でヤンキー・スタジアムにおいて
初となるパーフェクト・ゲームを達成します。
ウェルズは、スタンドでラーセンが観戦している中、
ミネソタ・ツインズを10奪三振で4−0で抑えました。

デビッド・ウェルズ

★プチトリビア

1982年のドラフト2位でトロント・ブルージェイズへ入団。
デビューは、87年。個性派左腕はお騒がせ男でもあり、
ビッグ・マウスで首脳陣らと対立が多く、ブルージェイズから
タイガース、レッズ、オリオールズ、ヤンキース、またブルージェイズ
ホワイトソックス、またヤンキース、パドレス、今季はレッドソックスと
移籍を繰り返すジャーニーマンですが、各チームでローテーションを
守りつづけているのは、流石です。
また、ベーブ・ルースの大ファンとしても有名です。

◆今日の気になった出来事

ヤンキース・田中は開口一番「パッとしない登板だったと思う」と振り返った。

5回3失点。まだ72球だったが、天候悪化を懸念した
アーロン・ブーン監督に同点の6回、先頭の打席で代打を送られ降板した。
その裏に雨が強まり中断。
再開の見込みも立たずサスペンデッドゲームとして翌日に持ち越された。

2回までに3失点。
3回1死レンドンへの6球目から、走者がいなくてもセットポジションで投げるよう変えた。

田中は16日は5回4安打3失点で、自身に勝敗は付かなかった。

「セットの方が今日は安定していた。何も変えずズルズルいくのは嫌だった」。
修正力を発揮し、2回1死からは打者11人連続凡退。試合は16日(日本時間17日)の
ナイター前に6回裏から再開されることになり、「天気はコントロールできないし、
しようがない」と話した。

ワシントンで16日(日本時間17日)に予定されていた
ナショナルズ―ヤンキースの2試合は、いずれも悪天候のため中止となった。

代替試合は6月18日(同19日)で、同様に午後5時5分から再開試合、
その後にナイターでもう1試合戦う。

★今日のオススメ!


ヤンキース 選手着用 オーセンティック チーム ドライブ ロングスリーブ Tシャツ 長袖 ネイビー

2018シーズン選手着用モデルロングスリーブTシャツ!
選手着用アイテムはチームのファンならぜひとも手に入れたいアイテム!
シーズンごとにリニューアルされるのでコレクションにもオススメ!
ワードマークとバッターマンロゴをあしらったファンアピールに最適な一枚!
シンプルなデザインでコーディネートのアイテムとしても活躍間違いなし!
オススメ度★★★★★( マジェスティック/Majestic )

______________________________

1954年5月16日

テッド・ウィリアムスは、鎖骨骨折からボストン・レッドソックスの
ラインアップに復帰し、デトロイト・タイガース相手のダブルヘッダーで
9打数8安打、2本塁打、1二塁打、7打点をと打ちました。
彼の印象的な活躍も、チームを助ける事が出来ず、7−6、9−8と
2試合とも敗戦でした。

テッド・ウィリアムス

★プチトリビア

この年は打率.345をマークしたが、当時は規定打数で計算したため
打率.341のボビー・アビラが首位打者タイトルとなった。
117試合で386打数133安打で何より四球数が多かったために
タイトルを取る事が出来なかったという不思議な話。

◆今日の気になった出来事

米大リーグコミッショナー事務局は15日(日本時間16日)、
マリナーズのロビンソン・カノ内野手(35)を薬物規定違反により
80試合の出場停止の処分を科したと発表した。

同内野手は13年オフにヤンキースからFAでマリナーズと
10年2億4000万ドル(約264億円)で合意。

移籍5年目の今季は攻守の柱として39試合に出場し、
打率・287、4本塁打、23打点。
13日のタイガース戦で右手に死球を受けて骨折し、
現在は10日間の故障者リストに入っている。

05年にヤンキースでメジャーデビューを果たし、
通算成績は2037試合、打率・304、305本塁打、
1206打点。球宴8回、ゴールドグラブ2回。

★今日のオススメ!


マリナーズ 59FIFTY フィッテッド キャップ/帽子 アルティメット パッチ 30周年記念 オルタネート

当店スタッフによる現地買付アイテム!
シアトル・マリナーズ30周年記念キャップ!
フロントにチームロゴ、サイドに記念パッチをあしらった限定デザイン!
チームのファンならぜひとも手に入れたいメモリアルアイテム!
普段使いでかぶるのはもちろん、コレクションとして飾るのもオススメです!
豊富なサイズ展開でジャストサイズをお選びいただけます!
オススメ度★★★★★( ニューエラ/New Era!)

______________________________