今日の「ちょっと昔のMLB」日記

mlb.comより管理人が勝手に翻訳!
誤訳の嵐か??さて、どんなもんでしょうか?

1972年9月30日

ピッツバーグ・パイレーツのスター、ロベルト・クレメンテが、
キャリア通算3,000本目のヒットを記録します。
ニューヨーク・メッツに5−0で勝利した5回にジョン・マトラックから
マイルストンヒットを放ちました。
このヒットは、1972年の大晦日に飛行機事故で亡くなるクレメンテの
レギュラー・シーズン最後のヒットになりました。

★プチトリビア

最終戦試合前に「今日打てなければ、
3000本は打てないな」と同僚にもらしていたそうで、
31日の救援機が飛び立つ際も「もし墜落しても
それは天命だ」ともいっていたそうです。
自分の運命を知っていたのかも。。。。

◆今日の気になった出来事

SF戦の9回に救援登板したLADのサイトーは、23セーブ目。
5連勝のLADは、西地区首位のSDと並んでトップに立った。
これでLADは残り2試合のいずれかに勝つか、PHIが負ければ、プレーオフ進出が決まる。

激戦のア・リーグ中地区は、DETとMINがともに敗れ、依然同率首位。

★今日のオススメ!


↑Authentic Wool Leather Jacket Chicago White Sox

05チャンピオンのCWSのレザージャケットです。
右袖のアメリカン・リーグエンブレム、
左袖に05ワールドシリーズChampワッペン付き。
オススメ度★★★★★(今を先取り)

_______________________

1954年9月29日

ウィリー・メイズは、ワールド・シリーズ第一戦において
大リーグ史上で最も偉大な「キャッチ」を魅せました。
2−2の同点の8回に、インディアンスのビック・ワーツが
ポロ・グラウンズのセンター深くに打球を飛ばします。
メイズは、460フィートを背走して、クリーブランドの二人の
走者が得点したであろうというヒットを防ぎました。
ジャイアンツは、この試合に勝ち、このシリーズは、
インディアンスをスイープしました。

★プチトリビア

メイズはこの年、打率.345で初の首位打者。
41本塁打、110打点でナ・リーグMVPに輝きました。

◆今日の気になった出来事

シーズン159試合目にしてついに首位のDETに並んだMIN。
すでにプレーオフ出場を決めているものの、奇跡の逆転優勝が見えてきた。
シーズン最終の3連戦は、MINがCWS,DETがKCと対戦する。
162試合を終えて両チームが同率首位に並んだ場合は、
直接対決で勝ち越しているDETの優勝となる。

★今日のオススメ!


↑マクファーレン 2体セット ベーブ・ルース&バリー・ボンズ

世紀の本塁打王を抜き去ったボンズ。
残るは、アーロン唯一人、ゴッドファーザーの
ウィリー・メイズも見守っています。
オススメ度★★★★(貴重品)

______________________

1941年9月28日

ボストン・レッドソックスのテッド・ウィリアムスは、
シーズン最終戦のダブルヘッダーで8打数6安打して
シーズン打率を.406としました。
ウィリアムスは、ゲースを欠場すれば.400を「保護」出来たにも
関わらず、試合に出場して、マイルストンの最後の打者になっています。

★プチトリビア

この4割が、現在でも最後の4割打者となっています。
さらに、1942年と47年に三冠王になり、
史上で二度の三冠王は、ロジャース・ホーンスビーと
ウィリアムスだけなのです。

◆今日の気になった出来事

ロサンゼルス・タイムズ紙は、SFのバリー・ボンズが来季も現役を続けるだろうと伝えた。
ボンズは今季、27日まで26本塁打で通算734本、アーロンの記録まで21本としている。
ボンズの代理人は同紙に
「本人と何度も話し合ってきた。来季も大リーグのユニホームを着られるようにするのが、
わたしの使命。交渉相手がSFになる可能性が高い」としている。

★今日のオススメ!


↑CooperstownプレーヤーTシャツT.Williams

打撃の神様だけに、一癖も二癖もあり、
その性格のおかげで、MVPを撮り損ねたことも。
オススメ度★★★★★(超レア)

________________________

1963年9月27日

ヒューストン・コルト45’sは、大リーグ史上でラインアップの
9人全員を新人にするという記録をつくりました。
全員新人のラインアップは、ハリー・クラフト監督が考案し、
その中には、将来殿堂入りのジョー・モーガン、オールスター
選手となるラスティー・スタウブとジミー・ウィンがいました。
しかし、コルト45’sは、10−3でニューヨー・メッツに敗れました。

★プチトリビア

一番サード、ボブ・アスプロモンテ
二番センター、アル・スパングラー
三番ライト、ロマン・メシアス
四番ファースト、ノーム・レイカー
五番レフト、ジム・ペンドルトン
六番キャッチャー、ハル・スミス
七番セカンド、ジョー・アマルフィターノ
八番ショート、ドン・バディン
九番ピッチャー、ボビー・シャンツ
というのが、コルト・45’sの開幕オーダーです。

◆今日の気になった出来事

全30球団からスター選手1人ずつを選出する
「メジャーリーグ・ホームタウンヒーローズ」の第1回が発表された。

●アトランタ・ブレーブス ハンク・アーロン
●ボルティモア・オリオールズ カル・リプケン
●シカゴ・ホワイトソックス フランク・トーマス
●フロリダ・マーリンズ ダントレル・ウィリス
●ニューヨーク・ヤンキース ベーブ・ルース
●オークランド・アスレチックス レジー・ジャクソン
●フィラデルフィア・フィリーズ マイク・シュミット
●タンパベイ・デビルレイズ ウエード・ボッグス
●トロント・ブルージェイズ ジョー・カーター
●ワシントン・ナショナルズ ゲリー・カーター

★今日のオススメ!


↑CooperstownプレーヤーTシャツN.Ryan

アストロズのスターといえば、ライアンもいます。
1980年から88年まで在籍していました。
オススメ度★★★★★(売り切れ必至)

_______________________

1971年9月26日

シカゴ・カブスのアーニー・バンクスが、大リーグで最後の
試合をプレーしました。
将来,殿堂入りのバンクスは、キャリア最後なる2,583本目の
安打ーフィリーズのケン・レイノルズに対して内野安打ーを
放ち、最終打席ではリグレー・フィールドのファンからスタンディング
オベーションを受けました。
その時は、バンクスの通算512本塁打は、歴代5位タイの記録でした。

★プチトリビア

バンクスといえば、遊撃手が有名ですが、
一塁手としての出場試合数のほうが、長いのですよ。
19年間カブス一筋だったが、ポストシーズンの出場は、
一度も訪れなかった。

◆今日の気になった出来事

週間MVPが発表。
ナ・リーグは、打率4割9厘、12打点でATLのアンドリュー・ジョーンズと
打率4割、4本塁打、12打点のCOLのマット・ホリデーを選出。

ア・リーグは、打率4割2分4厘、3本塁打、7打点でSEAのラウル・イバネス、
打率4割2分3厘、3本塁打、9打点でMINのトリー・ハンターを選出。

★今日のオススメ!


↑アーニー・バンクス オーセンティック復刻版ユニフォーム

MITCHELL&NESS社製で
当時の生地を出来るだけ再現して作られた貴重なユニフォームです。
「14」は、シカゴ・カブスで永久欠番です。
オススメ度★★★★★(これはレア)

_______________________

1965年9月25日

カンザスシティ・アスレチックスのサッチェル・ペイジは、
大リーグにおいて最年長選手として登板します。
59歳といわれているペイジは、1953年以来の大リーグで、
ボストン・レッドソックスに対して、リリーフで3回を無失点に抑えます。
伝説のニグロリーガーは、オールスター選手のカール・ヤストレムスキーに
1安打を許しただけでした。

★プチトリビア

あの「火の玉投手」といわれた豪球ボブ・フェラーが、
「私の球がチェンジアップに見えた」といわしめた超豪球に
まさしく針の穴を通すコントロールを持っていたというから驚き。
300完封、55度のノーヒッターという伝説の記録もある(?!)らしい。

◆今日の気になった出来事

SDの本拠地ペトコ・パークでの今季ホーム最終戦で、
トレバー・ホフマンが大リーグ新記録となる通算479セーブを達成。
1点リードの9回から登板。
連続三振でツーアウトとした後、フレディ・サンチェスの三遊間へのゴロを
ジェフ・ブラムが回り込んでキャッチし、最後のアウトを取った。

親類もたくさん来ていたというスタンドは大歓声に沸き、
チームメートが飛び出し、守護神をもみくちゃにした。
ホフマンが着ていた背番号51のユニホームや試合で使われたボールなどは、
野球殿堂に飾られることになった。
「ものすごい(騒ぎ)だった。素晴らしい経験ができた。
今の気持ちを言葉にするのは難しい。自分一人の力ではここまでできなかった」と
同僚たちに感謝していた。

★今日のオススメ!


↑日米野球裏面史

「史上最高の投手はだれか」というペイジの本を書いた
佐山和夫氏の本です。(残念ながら絶版に近いらしいです)
(古本屋ならあるかも)
ベースボールと野球の接点とは?
日米親善野球を深く掘り下げ、新しい真実が。
こういう歴史も掘り下げると興味深いですよ。
オススメ度★★★★

_______________________

1992年9月24日

将来、殿堂入りのトロント・ブルージェイズ、
デイブ・ウィンフィールドが大リーグ最年長の
シーズン100打点を記録します。
40歳のウィンフィールドは、8−2でボルチモア・
オリオールズに勝利した試合で本塁打と二塁打を
放ちました。
彼は、シーズン終了時に103打点を記録しました。

★プチトリビア

ミネソタ大学の卒業時には、MLBの他に、NBA,ABA,NFLからも
ドラフト指名を受けたウィンフィールド。
マイナーを経ずにサンディエゴ・パドレスで大リーグデビュー。
5ツールプレーヤーのさきがけで、すべての部門で平均以上をマーク。
91年には、史上最年長の39歳でサイクル安打を達成しました。

◆今日の気になった出来事

ア・リーグ中地区首位のDETは、KCに15−4で圧勝。
これで1987年以来となるプレーオフ進出へ、マジック「1」としている。
先発ケニー・ロジャーズが8回1失点で、リーグ2位タイの17勝目を挙げた。

★今日のオススメ!


↑Customized W.S 1923 NYYCap

そのウィンフィールドが破格の10年契約で入団したヤンキース。
ミスター・ヤンキースとは、呼ばれませんでしたが。
名門ヤンキースが球団史上初のワールドチャンピオンが
この1923年です。
相手は、最強のニューヨーク・ジャイアンツで、3度目の正直でした。
オススメ度★★★★★(これは貴重な逸品)

______________________

1908年9月23日

ニューヨーク・ジャイアンツのフレッド・マークルは、
大リーグ史上最も有名な失態を演じました。
アル・バードウェルがヒットを放ち、カブスに対して
ウィニングランでアルハリー・マコーミックがホームに
帰ったとき、マークルは一塁走者でした。
マークルが二塁ベースを踏まずに帰ってしまったために、
アウトを宣告され、得点は無効になり、試合は同点のまま
再試合となります。
ジャイアンツとカブスが同率でシーズンを終えたために、
この再試合が優勝決定戦となりました。
結局、この再試合を4−2で勝ったカブスがナショナル・リーグ
ペナントを手にしました。
「マークルのボーンヘッド」です。

★プチトリビア

この話には、前段があって、当時の習慣からすると、
マークルのこの行為は通常のものでボーンヘッドには当たらないというもの。
だが、これと同じことが、3週間前に起きていて、パイレーツ対カブスだった。
塁審も同じ人であり、カブスのエバース二塁手が塁審と今後はキッチリ見る、
という確約を取り付けていた矢先の出来事だ、というもの。

しかし、さらに付け加えると、事件から10日後の10月3日付の供述書がある。
「私は、二塁手がボールを要求しているのに気づき、二塁へ戻った。
そのとき、ボールが三塁手の頭の上を越え、スタンドに入った。
皆の視線がそちらへ向いた時に、私はベースに立った。
すると、マシューソンが「それでいい」といったので、ロッカーへ戻った」というもの。
もちろん、マークルの供述書で、公証人の署名入りだった。
さて、真実は?

◆今日の気になった出来事

PHIのライアン・ハワードが歴代10位タイの58号弾!
SFのバリー・ボンズが通算733号でハンク・アーロンの
ナ・リーグ記録に並びました。

★今日のオススメ!


↑プレミアウィンドジャケット NYY

9連覇達成。
シェフィールドもヒデキも復帰して、ほぼ万全か。
バーニーも勝負所で活躍し、ジーターはハンク・アーロン賞にノミネート。
絶対にワールドチャンピオン取りたいでしょうね。スタインブレナーは。
オススメ度★★★★(これからに時期に最適!)

______________________

1968年9月22日

ミネソタ・ツインズのセザール・トバルは、
オークランド・アスレチックスに2−1で勝利した試合で
全ポジションを守りました。
1試合で全ポジションを守った唯一の選手のバート・キャンパネリスが
偶然にもトバルがマウンドに上がった時の最初の打者でした。

★プチトリビア

ベネズエラ出身のトバルは、元々器用な選手で、
この試合で、あのレジー・ジャクソンを三振に切りました。

◆今日の気になった出来事

SDのトレバー・ホフマンが、ARI戦で今季41セーブ目をマーク。
通算477セーブとし、リー・スミスの持つ歴代最多セーブ記録まであと1つに。
パドレスは3−1で勝利、ナ・リーグ西地区首位の座をキープした。

★今日のオススメ!


↑イチロー オーセンティック直筆サインWBCボール

このオーセンティック・サイン・ボールは、
2006年6月1日にワシントンでサインされたものです。
MILL CREEK SPORTS and ADA Financial社の証明書付。
イチロー・ホログラム付
オススメ度★★★★★(超お宝品)

________________________

1964年9月21日

フィラデルフィア・フィリーズは、チコ・ルイズの驚くべき
ホーム・スチールでシンシナチ・レッズに1−0で敗れます。
この敗戦は、フィリーズの10連敗のスタートとなり、
6.5ゲーム差でリードしていたにもかかわらず、
セントルイス・カージナルスに1ゲーム差の
ナ・リーグ2位タイで閉幕してしまいました。

★プチトリビア

1950年以来の優勝を逃したフィリーズは、
1976年まで地区優勝出来ませんでした。

◆今日の気になった出来事

HOUのロジャー・クレメンスが、本拠地でのCIN戦に先発。
6回を無失点に抑え、今季7勝目(5敗)、通算348勝目。
なおクレメンスは、今シーズン限りでユニホームを脱ぐ可能性があり、
今後登板する見通しの試合はいずれもビジターの予定で、
チームもプレーオフ進出が絶望的な状況。
降板となった後、観衆のスタンディングオベーションを受けて、
ファンに帽子を振ってみせたが、ホームでの最後の勇姿かもしれない。

★今日のオススメ!


↑クーパーズタウン ベースボールキャップ CWS 1926

オールドタイプのレプリカモデルです。
生地 縫製までもそのまま風合いを再現した逸品!
エディー・コリンズの晩年、投手ではテッド・ライオンズが在籍。
オススメ度★★★★

________________________

1968年9月20日

将来、殿堂入りのニューヨーク・ヤンキースの
ミッキー・マントルは、キャリアの最終本塁打を放ちます。
マントルは、ボストン・レッドソックスのジム・ロンバーグから
536本目を叩き込みました。
そして、マントルは、1969年のスプリング・キャンプ中に
引退を発表しました。

★プチトリビア

通算536本塁打は、スイッチヒッターの歴代1位記録。
左右両打席本塁打10度は、エディー・マレーに次ぐ、歴代2位です。

◆今日の気になった出来事

「ロベルト・クレメンテ賞」の今年の受賞者が、HOUのロジャー・クレメンスに決定。
クレメンスは14年前、子供たちを支援する「ロジャー・クレメンス基金」を設立。
ゴルフトーナメントやオークションを通して、教育など様々な領域をサポートしてきた。
クレメンテ賞受賞の知らせを受け、
「30人の候補者の1人としてノミネートされるだけでも十分に喜ばしいこと。
今回は3度目の正直。彼が野球で果たした役割やコミュニティーへの貢献ぶりを考えると、
特別な感じがするね」と語った。

★今日のオススメ!


↑ロストレプリカジャージ ヤンキース/M.Mantle/ホーム

ニューヨーク・ヤンキースの「7」は、永久欠番。
1953年4月17日のワシントンのグリフィス・パークで
放った565フィート(約172.2m)は、計測史上最長。
とにかく大ホームランをかっとばし続けました。
オススメ度★★★★(お部屋のインテリアにどうぞ)

_______________________

1973年9月19日

アトランタ・ブレーブスのデイビー・ジョンソンは、
二塁手の1シーズン最多本塁打を更新します。
彼の43号本塁打は、4−1でロサンジェルス・ドジャースに
敗れた試合で放たれ、殿堂入りのロジャース・ホーンスビーを
凌ぎました。
ジョンソンのシーズン合計43本は、
本塁打王ウィリー・スタージェルに1本及ばず、2位でした。

★プチトリビア

実際のところは、ジョンソンの1本が代打で放ったものであるため、
記録集によっては、42本でホーンスビーとタイ記録としているのもあります。

◆今日の気になった出来事

週間MVPが発表。
ナ・リーグは、STLのクリス・カーペンターで
今季3度目の完封勝利と自身通算100勝目を飾った。
2試合計16イニングでわずか1失点、15奪三振だった。

ア・リーグは、TEXのゲリー・マシューズで
球団史上3人目となるサイクル安打を達成など、
6試合に出場して打率5割2分2厘、長打率9割5分7厘をマーク。
また、5日のOAK戦から11試合連続安打中。

★今日のオススメ!


↑クーパーズタウン ベースボールキャップ セントルイス・ブラウンズ1922

ついに発見!オールドタイプのレプリカモデルです。
生地 縫製までもそのまま風合いを再現した逸品!
あのジョージ・シスラーが打率.420で首位打者になった1922年。
オススメ度★★★★★

_________________________

1996年9月18日

ボストン・レッドソックスのロジャー・クレメンスが、
自身が持つ大リーグ記録の1試合20奪三振に並びます。
「ザ・ロケット」は、デトロイト・タイガースを4安打で4−0と
封じました。
クレメンスは、1986年4月にシアトル・マリナーズ相手に
この記録を達成していました。

★プチトリビア

もう一人、1試合20奪三振を達成しているのが、
CHCのケリー・ウッド。
1998年5月6日のHOU戦で、1安打完封だった。
大リーグ記録としては、1962年9月12日に
ワシントン・セネタースのトム・チェイニーが16回で21奪三振がある。

◆今日の気になった出来事

ナ・リーグ西地区首位のLADは、2位SDと地元で直接対決。
しかし連敗を喫し、入れ替わりで0.5差の2位に転落した。
SDのトレバー・ホフマンがリーグトップの39セーブ目を記録。
リー・スミスが持つ通算475セーブの大リーグ記録まで、あと3。

★今日のオススメ!


↑ロジャー・クレメンス オーセンティックカット直筆サイン入りフォト・プラーク

世界限定100枚発売の逸品!
シリアルナンバー入りもありです!
もちろん!証明書付きのモノホンです!
オススメ度★★★★★

_______________________

1984年9月17日

カリフォルニア・エンジェルスのレジー・ジャクソンが、
通算500号本塁打を達成しました。
将来、殿堂入りの彼は、カンザスシティ・ロイヤルズの
サウスポー、バッド・ブラックから放ちました。
これは、1978年にサンフランシスコ・ジャイアンツの
ウィリー・マッコビーが到達して以来で、史上13人目の
マイルストン到達でした。

★プチトリビア

レジーには、もうひとつの三振記録という大きな勲章がある。
通算2597三振は、歴代ダントツの1位で2位は、
サミー・ソーサの2194、3位はアンドレス・ガララーガの2003なので
これは安泰(?!)の記録か。

◆今日の気になった出来事

LAAのショーン・フィギンズが1、TEX戦で球団史上6人目となるサイクル安打を達成。
2回にレフト前タイムリー、5回に7号ソロを放つと、7回のライトへのツーベース。
そして迎えた9回、フィギンズは無死一塁でセンターへ三塁打を放ち、
エンゼルスでは2004年のジェフ・ダバノン以来となる快挙を成し遂げた。

★今日のオススメ!


↑プレイヤーレプリカジャージ(レンジャース/M.ヤング/オルタネート)

祝!4年連続200安打達成!
一気に3安打して達成した。
1940年以降では7年連続のウエイド・ボッグス、
6年連続のイチロー、4年連続のカービー・パケットに次ぐ4人目。
オススメ度★★★★

_________________________

1975年9月16日

ピッツバーグ・パイレーツのレニー・スティネットは、
リグレー・フィールドでのシカゴ・カブス戦で22−0で
大勝した試合で、7打数7安打、5得点を記録しました。
パイレーツの二塁手は、9イニングで7打数7安打の
大リーグ史上唯一の選手だった1892年のボルチモア・オリオールズの
ウィルバート・ロビンソンと並びました。

★プチトリビア

ウィルバート・ロビンソンは、元々名将ジョン・マグローと親友だったが、
1913年のWSでの采配をめぐって口論となり、コーチを解任。
ライバルのドジャースで監督となり、「アンクル・ロビー」として
ファンや選手から愛された存在だった。

◆今日の気になった出来事

MILのオーカがWAS戦で右太ももを痛め途中交代した。
「痛みはない。あしたの様子を見る。今は分からないが、
無理してもしようがない」と話した。
ネッド・ヨスト監督は、「回復まで2週間前後かかるかもしれない」と話し、
今季は登板を回避する可能性を示唆した。

★今日のオススメ!


Baseball's Best Shots: The Greatest Baseball Photography of All Time

グラフィックがとても美しいと評判の写真集です。
日本人では、NOMOが載っています。
シーズンオフでも見れば血が騒ぎますよ。
オススメ度★★★★★(買いです!)