今日の「ちょっと昔のMLB」日記

mlb.comより管理人が勝手に翻訳!
誤訳の嵐か??さて、どんなもんでしょうか?

すいません!8日分です。

1990年4月11日

カリフォルニア・エンジェルスのマーク・ラングストンと
マイク・ウイットが1−0のスコアでシアトル・マリナーズ相手に
継投によるノーヒットゲームを達成します。
ラングストンはエンジェルスのメンバーになった最初の登板で
先発して7回を投げ、ウイットへ継投します。
これは、1976年以来、大リーグで14年ぶりの継投による
ノーヒットゲームとなりました。

マーク・ラングストン マイク・ウイット

★プチトリビア

ウイットは、1984年にはパーフェクト・ゲームも演じています。
1976年にブルームーン・オドムとフランシスコ・バリオスの二人が
継投のノーヒッターを演じています。

1947年4月10日

ジャッキー・ロビンソンは、ブルックリン・ドジャースと1年契約に
サインした時、彼は、20世紀の大リーグでプレーするはじめての
黒人選手となります。
サインから5日後、ロビンソンはフィールド・デビューします。
かれは、打率.297、29盗塁でシーズンを終え、新人王に
輝きました。

ジャッキー・ロビンソン

★プチトリビア

当時、黒人選手で初めて大リーガーになるのは、サッチェル・ペイジや
ジョシュ・ギブソンといったスターだといわれていましたが、
ドジャースのブランチ・リッキーは素質よりも人間性でロビンソンを
選んだといわれています。
つまり、どんな迫害にも耐えられるだけの強い精神力をが必要だと
考えていたそうです。

1965年4月9日

大リーグ史上初のインドア・ゲームとして、ヒューストン・アストロズが
ニューヨーク・ヤンキースと新しいアストロ・ドームでプレーします。
それは単にエキビション・ゲームでありますが、リンド・ジョンソン大統領は
この歴史的イベントに立ち会った47,876人の一人となりました。
ミッキー・マントルが本塁打を打ちましたが、アストロズは2−1のスコアで
ヤンキースを下しました。

アストロ・ドーム

★プチトリビア

世界の八番目の不思議といわれたアストロ・ドーム。
また、人工芝の球場としても初でした。

1974年4月8日

ハンク・アーロンがロサンジェルスの左腕アル・ダウニングから
通算715本塁打を打ち、歴史が作られました。
破られないだろうと考えられていた、ベーブ・ルースの
714本の本塁打記録は、ほぼ40年間続きました。
「ハンマーリン・ハンク」は1976年にキャリアを終えるまでに
40本塁打を上乗せしました。

ハンク・アーロン

★プチトリビア

1965年の8月8日のカージナルス戦で右翼に本塁打したが
バッターボックスから足が出ていたとして、アウトになっています。
756本うっていたという事実はあまり知られていません。

1984年4月7日

ジャック・モリスは、コミスキー・パークでの
シカゴ・ホワイトソックス戦でノーヒッターを演じます。
モリスは6個の四球を出しますが、8三振を奪って
4−0で勝利します。
デトロイトのエースは、19勝をあげ、この年にタイガースが
ワールド・シリーズのタイトルを取る事を助けました。

ジャック・モリス

★プチトリビア

ワールド・シリーズでは完投で2勝をマークして、
タイガースを16年ぶり、4度目の世界一へと導いた。
(しかし、MVPはリリーフエースのウイリー・ヘルナンデス)

1973年4月6日

ニューヨーク・ヤンキースのロン・ブラムバーグは、
大リーグ史上初の指名打者になります。
初打席は満塁で四球を選び、トータルで3打数1安打という
好結果でスタートしました。
そして、ブラムバーグの1973年は、指名打者と一塁手で
打率.329をマークしました。

ロン・ブラムバーグ

★プチトリビア

ヤンキース、ホワイトソックスで8年、通算打率.293、52本塁打、
224打点、184得点、67二塁打、8三塁打をマークしました。

1925年4月5日

ベーブ・ルースは、アッシュビルのNC鉄道駅で倒れ、
病院へ運ばれます。
「その腹痛は世界が回るほど痛かった」ということで知られますが
それはただの腹痛ではなく、2ヶ月もの間、彼をダウンさせた
潰瘍でした。

ベーブ・ルース

★プチトリビア

25年は長期入院したため、前年の打率.378、46本塁打、121打点から
打率.290、25本塁打、66打点と成績を落としました。

1974年4月4日

アトランタ・ブレーブスのスラッガー、ハンク・アーロンは
シンシナチのリバーフロント・スタジアムでの開幕戦で
記念のスリーラン・ホームランを放ちます。
栄誉殿堂のキャリアを持つアーロンの714号本塁打は
レッズの右腕ジャック・ブリンガムから打ち、大リーグ史上で
最多本塁打の伝説のベーブ・ルースに並ぶ本塁打でした。

ハンク・アーロン

★プチトリビア

この時アーロンは40歳。
静かなる男は数々の嫌がらせをものともせずに
静かに大記録を達成しました。

◆今日の気になった出来事

マリナーズの菊池雄星投手が10日(日本時間11日)、
敵地ツインズ戦に今季2度目の先発登板。

6回5安打2失点6奪三振の好投を見せたが打線の援護なく
今シーズン初勝利はお預けとなった。
強打のツインズ打線を2失点に封じ「今日のピッチングを自信にして
次も投げていきたい」と振り返った。

2試合連続クオリティースタート(QS)の好投に菊池も手応えを感じていた。
唯一の失点は3回1死一塁からクルーズに浴びた2ランのみ。
その後は走者を背負った場面でも冷静に打者を打ち取りピンチを切り抜けた。

初勝利は逃す形となったが試合後は「ツインズに投げれるのは凄く楽しみにしていた。
特に良い右バッターが多くて。どうやって勝負していくか凄く楽しみだった。
今日のピッチングを自信にして次も投げていきたい」と手応えを口にした。

菊池の力投もありチームは延長戦を制し連勝。
開幕から2戦連続で好投を続ける左腕は「チームが今日勝ったのでハッピーですし、
こういうピッチングを続けていけばチャンスは増えていく。
自信にして次は勝ちたいと思います」と語っていた。

★今日のオススメ!


MLB 2021 TOPPS HERITAGE BASEBALL HOBBY[ボックス]

メジャーリーグ 2021 トップス ヘリテージ ベースボール ホビー

トップス社MLB公式ベースボールカードの定番商品トップス・ヘリテージ2021年度版!
今年は1972トップスベースボールのデザインで、新人、スター、レジェンドをカード化!
オススメ度★★★★★(Topps !)

______________________________

すいません!3日分です!

1987年4月3日

シカゴ・カブスは、峠を越した投手、デニス・エカーズリーを
オークランド・アスレチックスの3人のマイナーリーガーと
トレードします。
クリーブランド・インディアンスとシカゴ・カブスで優秀な
先発投手だったエカーズリーは、クローザーとして復活し
6シーズンで4回の40セーブをマークしました。

デニス・エカーズリー

★プチトリビア

サイド・アームから繰り出す速球とスライダーで先発として
名をはせたが、アルコール依存症に陥り成績がダウン。
この87年の移籍で、当時監督だったトニー・ラルーサが
途中からリリーフに起用して以降、最強リリーバーとして
44歳まで投げつづけました。

1992年4月2日

フィラデルフィア・フィリーズは、若いリリーバーのジェイソン・グリムズリーを
ヒューストン・アストロズ出し、若いリリーバーのカート・シリングと交換します。
シリングは、すぐにナショナルリーグの最も支配的な先発投手になり、
1993年に16勝をあげて、ワールドシリーズにフィリーズが出る事を
助けました。

カート・シリング

★プチトリビア

フィリーズに移籍してから頭角をあらわしたシリング。
93年は、フィリーズを10年ぶりにリーグ制覇させて
リーグ・チャンピオン・シップではMVPに輝きました。

1996年4月1日

ナショナル・リーグのベテラン審判のジョン・マクシェリーが
開幕日のシンシナチのリバーフロントスタジアムでホームプレート近くで倒れ、
死去します。
51歳のマクシェリーは、彼のキャリアの多くを体重問題と闘いながら
26シーズンをナショナル・リーグの審判として過ごしました。

ジョン・マクシェリー

★プチトリビア

このシーンは何度もテレビで流されたので、記憶に残っています。
太りすぎが原因の心臓発作だそうで、この後、審判の太りすぎを
チェックすることになったと思います。

◆今日の気になった出来事

エンゼルスの大谷が、九回2死から右中間スタンドに
今季初安打となる本塁打をたたき込んだ。
6―12と勝負はほぼ決していたとはいえ、相手は昨季の
最優秀救援投手ヘンドリックス。
フルカウントからの97.3マイル(約157キロ)を完璧に捉えた。

一回には一塁線を抜く当たりで三塁を陥れたが、
打球は一塁手のほぼ正面を突いており、記録は失策。
2〜4打席目はいずれも空振り三振だった。
もう少し早い打席でほしかった初安打だが、マドン監督は
「最初の打席は明らかに三塁打だし、本塁打も打っている」。
打球速度がともに170キロを超えていたことにも触れ、
「普通の打撃ではない」と内容を評価した。

★今日のオススメ!


大谷翔平 ユニフォーム エンゼルス MLB ナイキ Nike ホワイト サイン刺繍 レプリカ メンズ 半袖 ジャージ

大谷選手サイン刺繍入りレプリカユニフォーム!
今季は、二刀流復活を期待です!
オススメ度★★★★★(ナイキ/Nike!)

______________________________